アトピーに効く洗顔料の選び方とオススメ!良いものを選びたい方へ。

アトピーに効く洗顔料の選び方とオススメ!良いものを選びたい方へ。

アトピーに効く洗顔料を使っている女性

 

「アトピー性皮膚炎」
近年この言葉はとても有名になり知らない人はいなくなりました。
アトピー性皮膚炎に効く洗顔料の選び方は
普通の肌よりとても繊細でデリケートです。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の原因|治療の前に根本的な原因を知ろう!

 

アトピー性皮膚炎とは本来身体のアレルギー反応の一種です。
アレルギーとはある特定の物に反応する身体の免疫反応になります。
免疫反応とは身体の中に入ってきた異物に対して抗体をつくり、
異物を身体の外に排出させようとする身体の防御反応です。
この場合の異物はウイルスや細菌も含まれます。
細菌やウイルスだというと誰でもイメージしやすいのではないでしょうか。

 

 

身体の細菌やウイルスが入ってくると
身体の免疫系はその異物を退治しようと反応します。
もちろんそのウイルスや細菌によって排出方法は多岐にわたりますね。
一般的には、くしゃみや鼻水、熱を伴って
ウイルスを死滅させたり、嘔吐や下痢で排出させたりします。
この身体の防御反応の一種がアトピー性皮膚炎におなります。

 

 

アトピー性皮膚炎はお肌のバリヤ機能が弱い人に多くみられ、
重度であれば咳などの喘息を伴ったりします。

  • 生まれつきアトピー性皮膚炎
  • 成長過程でアトピーと診断される

など反応が出るタイミングは実に様々です。

 

 

アトピー性皮膚炎は
異物を身体の外に排出させるアレルギーの一種と書きましたように、
生まれつきの場合は成長とともに緩和され治っていく傾向があります。

 

 

 

アトピー性皮膚炎が増えた時代背景

 

一昔前はアレルギーやアトピー性皮膚炎などは稀であり、
私たちのおじいさんの世代が子どもの頃は
あまり耳にする用な言葉では無かったと聞きます。

 

 

なぜこんなにもアトピー性皮膚炎が多くなったのでしょうか。
その背景には時代の便利さに伴って
私たちの生活が変化してきた事に密接に関係してきています。

 

 

戦後、高度経済成長とともに私たちの生活環境は大きく変わりました。
人口の増加に伴い町には大手スーパーが立ち並び、
24時間コンビニエンスストアでも野菜等が置いている時代になりました。
大型のスーパーも道を挟んで並び立つ地域もあります。
少し過疎の進む田園地帯にすら
大型のショッピングセンターを見ることができます。

 

 

その影響で、農家さんの形態も機械化が進み
大規模な経営を少人数でまかなえるようになりました。
この機械化と農業人口の減少により
人工的に作られた化学肥料や農薬散布が始まったのです。

 

 

農薬は文字通り病害虫を殺すお薬です。
この農薬も開発が進み現在では
ネオニコチノイドと呼ばれるものが主流になってきています。
虫を殺す薬を野菜に何十回と散布され
輸送時にもカビ等の防止の為に散布されることもあります。

 

 

成長過程で農薬を何回も散布されているので
当然その作物のなかに残留します。
なぜなら農薬も雨等で流れ落ちないように開発されてきたので
水で落ちにくくなってきたからです。

 

 

軽く洗っった程度では落ちない農薬、
ネオニコチノイド系が今は主流になってきました。
この残留基準がもうけられていますが
日本ではヨーロッパやアメリカにくらべると残留基準値が甘くなっています。

 

 

例えばイチゴについては

  • EUは0.01ppm
  • アメリカは0.6ppm
  • 日本は5ppm

です。

 

 

お茶の葉は

  • EUは0.1ppm
  • 日本は50ppm

になっています。

 

 

このように生で食べたりするものにも農薬はかけられ、
野菜の見た目をきれいに統一させたり大きく形も統一させるために
化学的に作られた人口肥料も持ち入れられてきました。

 

 

これだけスーパーで買う野菜には化学物質が使われているのです。
さらに

  • コンビニ
  • ファーストフード
  • インスタント食品
  • スナック菓子類

私たちは便利さの代償に日常の生活の中で
たくさんの化学物質を体内に取り込んでいるのです。

 

 

それに伴い増加してきたのがアトピー性皮膚炎です。
この化学物質の排出機能はおもに皮膚からの汗によると言われています。

 

 

しかし現代では車や交通機関が発達し、
意識をしない限り毎日汗をたくさん流す事は少なくなりました。
子ども達に至っても習い事のために親が学校まで送り迎えをしたり、
都会では交通事故や犯罪などの危険もあるために
一人で外で走り回って遊ぶ事もことも少なくなってしまいました。
この運動機能の低下により
汗からの排出が追いつかなくなってきていることが
アトピーなどのアレルギーが増えた要因の一つと言われています。

 

 

また生まれつきの赤ちゃんのアトピーでは
妊娠中のお母さんの身体がとても影響しています。
女性は赤ちゃんを生む為に子宮に栄養をためていきます。
排出されなかった化学物質はこの子宮に溜まりやすいのです。

 

 

また妊娠中は母体と胎児がへその緒を通じて
母親が食べた栄養を胎児がもらっています。
赤ちゃんは一つの細胞から細胞分裂を繰り返し胎児となるその過程で
ずっと化学物質にさらされているのです。

 

 

羊水もまた母親の体液で作られているからです。
この化学物質を生まれてすぐの赤ちゃんは
体外排出しようとしているという事が近年言われるようになってきました。

 

 

 

 

アトピーに効く洗顔料の選び方

 

アトピー性皮膚炎の人は肌が敏感に薬剤などに反応します。
症状も軽度から重度と様々ですが
痒みと肌が乾燥してカサカサしているのが特徴です。

 

 

乾燥しがちな肌なので、

  • 低刺激で保湿効果が非常に高い洗顔料
  • 洗顔料を使わずぬるま湯や米のとぎ汁で軽く洗い流す

のどちらかが良いです。

 

 

米のとぎ汁にはビタミンA、B、E群やミネラルがたくさん含まれているので
お肌の栄養効果と保湿にはとても最適です。
その他、保湿のために無添加のワセリンなどを使い、
ホットタオルなどでパックをするように顔を包むと保湿効果があがります。

 

⇒アトピー肌を絶対に直したいという気持ちをお持ちの方へ。

 

 

 

 

全身のアトピーケアにはアロマオイルによる入浴が効果的!

 

また自然の植物のエキスを抽出してつくられているアロマオイルを
バスタイムに取り入れて保湿やデトックス効果を高めることもおすすめです。
お風呂に精油を3〜5滴程度使う事で、
湯気と一緒に立ち上がる香りや成分を
呼吸器からも取り入れることができるので、
お肌からの成分の浸透とダブルで効果が発揮されます。

 

 

心身のリラックス効果、温熱効果が加わり
心身のケアには最適と言えるでしょう。
アトピーにおすすめな精油はカモミールです。
特にジャーマンカモミールと呼ばれる植物の精油は
炎症のもととなるヒスタミンの放出を抑制し
強い痒みを抑える抗アレルギー作用などがあります。

 

 

一番大切な事は生活のなかで
出来るだけ化学物質を体内に入れないように心がけ、
毎日適度に汗をかく運動や半身浴などを
生活の中にとりいれて身体の中から異物を洗い流すことが
一番のアトピー性皮膚炎の対策と言えます。

 

⇒カモミール入浴剤で全身のかゆみを抑えたい方へ。

 

 

 

 

>>>顔の吹き出物の治し方|早く治すために洗顔料が重要なワケTOPへ戻る

学生時代ニキビ顔の私がたった3ヶ月でツヤ美肌になった逆転物語

学生時代はニキビ顔・社会人でも吹き出物が多発し

肌がボコボコで汚い・モテない・自信がないだった私が、

たった3ヶ月でツヤ美肌を手に入れることができた逆転物語。


メールストーリーでは私が大逆転で
ツヤ美肌を手に入れるまでの具体的な道のりを
楽しく面白くお伝えしています。


例えば、

  • 普段やっている美容法はどんなものがあるのか
  • 汚肌⇒美肌になると起きる驚くべき周囲の変化とは
  • ズボラ女でもできるシンプルな美容法とは

など、サイトには書けないリアルな裏話が今だけ公開中です(無料)


世の中には多くの情報が溢れていて、
多すぎて何が本当なのかよくわからない時代です。
だからこそ、個人のリアルな声が必要なのかなと思い、
メールストーリーを始めることにしました。

無料ですのでこの機会に是非ご登録ください。
私の本音が溢れています↓↓

学生時代ニキビ顔の私がたった3ヶ月でツヤ美肌になった逆転物語



トップページ オススメ薬用ニキビ石鹸 肌再生化粧水 ニキビ治療サプリ お問い合わせ