乾燥肌でも吹き出物ができる

乾燥肌でも吹き出物ができる3つの原因と3つの治す方法

乾燥肌イメージ

 

なぜあなたは、乾燥肌なのに吹き出物ができてしまったのでしょうか?

 

 

「乾燥肌=吹き出物はできにくいもの」
だと思っていませんか?
にもかかわらず、吹き出物ができてしまった・・・どうしよう・・・

 

 

実際は乾燥肌の人ほど吹き出物ができやすいと言えます。
イメージは脂性肌の方が吹き出物ができやすいと思われがちですが、
肌の状態・環境は乾燥肌の方が悪いことの方が多いんです。

 

 

そこで今回は

  • 乾燥肌で吹き出物ができる3つの原因
  • 乾燥肌を招く3つのダメなスキンケア方法
  • 乾燥肌による吹き出物の3つの治し方

をお伝えします。

 

 

 

 

乾燥肌で吹き出物ができる3つの原因

 

乾燥肌で吹き出物ができやすくなるのは
肌の状態が悪くなるからです。
どんな状態になっているかというと・・・

 

乾燥肌で吹き出物ができる3つの原因
  • 皮脂の過剰分泌が起こる
  • 毛穴が詰まりやすい状態になる
  • 肌のバリア機能低下が起こる

 

 

皮脂の過剰分泌が起こる

 

肌が乾燥するとそれ以上の水分を失うのを防ぐために
皮脂で肌表面をコーティングしようと分泌量が増えます。
増えた皮脂は毛穴の処理能力を超えると詰まるので
吹き出物ができやすくなってしまうのです。

 

 

 

毛穴が詰まりやすい状態になる

 

乾燥肌になると

  • 古い角質が肌表面に溜まり、角栓ができやすい
  • 角質層が厚くなり毛穴が小さくなる
  • 肌が縮んだようになり、毛穴も小さくなる

ので非常に毛穴が詰まりやすくなります。

 

 

それによって少しの皮脂でも毛穴が詰まるので
簡単に吹き出物ができてしまうのです。

 

 

何度も繰り返しできてしまう場合は、
毛穴の詰まりやすい状態が治っていないことが多いです。

 

 

 

肌のバリア機能低下が起こる

 

肌が乾燥すると角質層に隙間ができて、
直接的な刺激や花粉やウイルスなども隙間から肌内部に入り
刺激を与えてしまいます。

 

 

吹き出物は刺激があるとすぐに悪化する特徴があるため、
軽度なものがすぐに赤く大きなものになってしまうことがあります。

 

 

 

乾燥肌で吹き出物ができるのは
主にこの3つが原因なのです。

 

 

 

 

乾燥肌を招く3つのダメなスキンケア方法

 

そうはいっても乾燥肌なんだから仕方ないでしょ!?

 

 

でも、アトピーなどの皮膚疾患でなければ
誰だって子供の頃はモチモチの潤い肌だったはずです。
それがなぜ、大人になって乾燥肌になってしまうのか?

 

 

それはスキンケアのやり方に問題があります。
スキンケアのやり方が間違っていて
肌に必要な皮脂や水分を奪ってしまっているからです。

 

乾燥肌を招く3つのダメなスキンケア方法
  • ゴシゴシ洗顔・多すぎる洗顔回数
  • 乾燥を招く洗顔料・化粧水を選んでしまっている
  • 保湿が不十分の状態で油分の多い乳液やクリームを使っている

 

 

ゴシゴシ洗顔・多すぎる洗顔回数

 

ゴシゴシ洗顔をしてしまうと、
肌摩擦が大きくなり、角質層を削ってしまいます。
角質層が薄くなると肌の水分保持力が低下し、
乾燥肌に繋がってしまいます。

 

 

また、洗顔回数が多すぎると、
肌に必要な油分・水分を洗い流してしまい、
カラッカラの肌状態になってしまいます。

 

 

吹き出物が気になるとどうしても上記のような洗顔をしがちですが
逆効果になってしまうので気をつけましょう。

 

 

 

乾燥を招く洗顔料・化粧水を選んでしまっている

 

洗顔料や化粧水には洗浄力を強くする代わりに、
肌の乾燥を進めてしまう商品も結構あり注意が必要です。
特に、市販のニキビケア商品に多いので、
思春期ニキビケアの時から同じものを使い続けていると、
大人になってから酷い乾燥肌になるケースがあります。

 

 

乾燥を招く洗顔料とは

 

  • 石油系合成界面活性剤・合成保存料
  • パラベン・着色料・香料
  • サリチル酸
  • スクラブ

などが入っている洗顔料は避けた方が良いです。
肌の水分を奪ったり、刺激になる、傷つけるなどのデメリットが多いです。

 

⇒使ってはいけない洗顔料|肌を傷つける5つの成分

 

 

乾燥を招く化粧水とは

 

  • 石油系合成界面活性剤・合成保存料
  • パラベン・着色料・香料
  • アルコール

界面活性剤などの刺激物がダメなのは洗顔料と同じですが、
一番注意しなければいけないのがアルコールです。

 

 

アルコールはスーッとした爽快感を演出してくれますが、
浸透しているのではなく肌の水分がアルコールと一緒に蒸発しているので
どんどん肌を乾燥させてしまいます。
絶対にアルコールが入っていないことは確認してください。

 

 

 

保湿が不十分の状態で油分の多い乳液やクリームを使っている

 

肌の乾燥を防ぐために
スキンケアの最後に乳液や保湿クリームを使っている方も多いでしょう。
それ自体は間違っていません。

 

 

ただ、化粧水や美容液での保湿が不十分だと、
肌内部は乾いた状態なのでインナードライとなり、
肌は水分が足りないと判断し皮脂の分泌を増やしてしまいます。

 

 

そうなると、乳液・保湿クリームの油分+皮脂の過剰分泌で
油分が多くなりすぎてしまうので注意が必要です。

 

⇒乳液・保湿クリームを使うと吹き出物ができてしまう人

 

 

 

 

乾燥肌による吹き出物の3つの治し方

 

乾燥肌になる原因のほとんどはスキンケアのやり方なので、
ここを改善すれば乾燥肌も吹き出物も治すことができます。
正しいスキンケア方法をマスターしましょう!

 

乾燥肌による吹き出物の3つの治し方
  • 正しい洗顔方法を身に付ける
  • 正しい洗顔料と化粧水の選び方をする
  • 美容液・乳液・保湿クリームを正しく使う

 

 

正しい洗顔方法を身に付ける

 

やり過ぎ・ゴシゴシ洗顔をしないように、
肌にやさしい正しい洗顔方法を身に付けましょう。

 

 

ポイントはとにかく肌にやさしくすること!
細かい方法は別記事にまとめていますのでご覧ください。

 

⇒顔の吹き出物を治す洗顔方法|これであなたもすべすべ肌に!

 

 

 

正しい洗顔料と化粧水の選び方をする

 

洗顔料や化粧水の選び方によっても
スキンケアの効果はかなり左右されるので、
ダメなもの選んでスキンケアを台無しにしないように
正しい選び方をしましょう。

 

 

選び方は別記事に細かくまとめています。
ポイントは上記で挙げたダメな成分が含まれていないことと、
効果のある保湿成分が含まれていることです。

 

⇒吹き出物を治す洗顔料の選び方

 

⇒吹き出物を治す化粧水の選び方

 

 

 

美容液・乳液・保湿クリームを正しく使う

 

洗顔料や化粧水と同じように
美容液・乳液・保湿クリームも正しく選んで使いましょう。
油分が多すぎると肌に汚れを溜めてしまうことになるので
油分よりも保湿成分で肌の潤いをキープすることが大切です。

 

⇒吹き出物を治す美容液の選び方

 

⇒吹き出物を治す乳液・保湿クリームの選び方

 

 

 

 

以上が乾燥肌でも吹き出物ができる3つの原因と3つの治す方法です。
必ず治せるものなので諦めずにケアしましょう!

 

 

 

 

>>>顔の吹き出物の治し方|早く治すために洗顔料が重要なワケTOPへ戻る

学生時代ニキビ顔の私がたった3ヶ月でツヤ美肌になった逆転物語

学生時代はニキビ顔・社会人でも吹き出物が多発し

肌がボコボコで汚い・モテない・自信がないだった私が、

たった3ヶ月でツヤ美肌を手に入れることができた逆転物語。


メールストーリーでは私が大逆転で
ツヤ美肌を手に入れるまでの具体的な道のりを
楽しく面白くお伝えしています。


例えば、

  • 普段やっている美容法はどんなものがあるのか
  • 汚肌⇒美肌になると起きる驚くべき周囲の変化とは
  • ズボラ女でもできるシンプルな美容法とは

など、サイトには書けないリアルな裏話が今だけ公開中です(無料)


世の中には多くの情報が溢れていて、
多すぎて何が本当なのかよくわからない時代です。
だからこそ、個人のリアルな声が必要なのかなと思い、
メールストーリーを始めることにしました。

無料ですのでこの機会に是非ご登録ください。
私の本音が溢れています↓↓

学生時代ニキビ顔の私がたった3ヶ月でツヤ美肌になった逆転物語



トップページ オススメ薬用ニキビ石鹸 肌再生化粧水 ニキビ治療サプリ お問い合わせ